• お問い合わせ(資料請求)
  • ブログ BLOG
HOME > 公務員受験指導機関の選択
公務員受験指導機関の選択
※一般論です。特定の機関について述べたものではありません。
専門学校の特徴
   
  • 伝統があり、収集能力がある。
  • 大人数のため、ライバル心を培うことができる。
  • 試験に必要なすべての知識が習得できる。
  • 特に地方レベルの専門学校は面倒見が良い。
  • やる気のない学生が比較的多い。
  • 授業料が高い。
  • 公務員合格だけを目指している人にとって、半年は無駄になる。
  • 次年度入学生の営業活動に力を入れすぎて、現役生をおろそかにすることもある。
  • 担任・教科担当による授業内容の技術に差がある。
ビデオ受講の特徴
   
  • ライフスタイルに合わせて受講できる。
  • 大手のベテランの先生による講義が受講できる。
  • 多彩なコースが設定されている。
  • 筆記試験以外の対策が難しい。特に面接・論文対策。
  • 専門家がその場にはいない。
  • その場で質問できない。回答が出るまで数日間を要する。
全国規模の公務員予備校の特徴
   
  • 伝統があり、収集能力がある。
  • 施設面が整備されている。
  • 分かりやすい講義が徹底されている。
  • 多彩なコースが設定されている。
  • 面倒見が悪い。
  • 試験に必要な知識の一部分をわかりやすく講義しているにすぎない。
全国規模の公務員予備校の特徴
   
  • 面倒見が良い。
  • 受講形態に融通が利く。
  • 分かりやすい講義が徹底されている。
  • 施設面で劣る。
  • 試験に必要な知識の一部分をわかりやすく講義しているにすぎない。市販のテキスト・参考書を教えているに過ぎない。
通信講座の特徴
   
  • ライフスタイルに合わせて学習できる。
  • 自分から学習する能力を身に付ければ、かなり力がつく。
  • 筆記試験以外の対策が難しい。特に面接対策。
  • 市販のテキスト・参考書より量・質的に下がる。
独学の特徴
   
  • ライフスタイルに合わせて学習できる。
  • 自分から学習する能力を身に付ければ、
    かなり力がつく。
  • 筆記試験以外の対策が難しい。特に面接対策。
  • どこから手をつけてよいか分からなくなる。
福島公務員ゼミナールのメリット